やっぱりトレンドなんです

マンチェスターのファンドマネジャーは今年ビットコインが60,000ドルまで高騰すると発言

Blackmore GroupとWealth Chain GroupのCEOであるPhillip Nunn氏は今年ビットコインが60,000ドルまで高騰するとBusinessCloudで話している。

「予測は、まず市場のボラティリティに基づいていますが、現時点ではそれが本当に明白だと私は思っています。あなたが覚えておかなければならないのは、近年の暗号通貨との最も良い比較はドットコムだが、実際に暗号通貨は業界全体とは逆に、初期投資が群衆からのものだからだということです。」

とも話しており、ボラティリティに基づく予想はしているものの人々の感情によっても左右される可能性も指摘した。

参考元
businesscloud.co.uk

 

[仮想通貨ニュースエクスプレス] 2018年6月18日放送

 5分で見れる仮想通貨ニュース「仮想通貨ニュースエクスプレス」の2018年6月8日放送回です。

■今回のニュース一覧

  • 米証券取引委員会、ETHは証券じゃない
  • EOSのメインネットローンチ後トラブル
  • TetherとBTC価格について論文
  • CoinHiveについて
  • 岡山県の村がICO?
koji Higashiが運営するビットコイン、暗号通貨に関する総合動画チャンネル「ビットコイナー反省会」
https://www.youtube.com/channel/UCRP9Ij6gL9IViB7MS3Ez9aw/videos
より深い議論、ぶっちゃけ話、海外の事情などはコインストリートで
https://www.coinstreet.club/
 

ドル建て 日経225

 おはようございます。 日経CFD 22286円 +7円NYCFD 24713ドル +13ドル ドルインデックス 95.00原油 65.08ドルVIX 13.35米10年債、2.8967% - 0.69% NYは、ダウは28
 

信用取引情報

 ◆東証、岡藤HD株の信用取引に関する臨時措置を解除 20日売買分から。日証金も同日から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分にかか
 

各国債券利回り

 2018/6/20  6時46分現在          10年債                      2年債 米国     2.897% (前日比-0.020%)     2.545% (前日比-
 

世界経済の雲行きは怪しいが仮想通貨は安泰、ラガルドIMF専務理事が今後を予測

世界経済の雲行きは怪しいが仮想通貨は安泰、ラガルドIMF専務理事が今後を予測

国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事は、世界経済先行きは「日ごとに暗くなっている」(ロイター:2018年6月11日)との見解を表明した。

ラガルド専務理事は、6月8~9日開かれたG7で、トランプ米大統領が共同声明に署名しないで閉幕したという異例の事態にコメントした。ラガルド氏はトランプ氏の貿易政策を遠回しの表現で批判し、現行の貿易慣行に挑戦することは、ビジネスの信頼を傷つけるものだと述べた。同氏はここでも、仮想通貨にも触れて、その行き先に楽観視しているとの持論を展開した。

2018,19年世界成長は3.9%予想変えないが、世界経済は下振れ

IMFは、2018年と2019年の両年の世界成長を3.9%との予測を変えていないが、ラガルド氏は「6ヵ月前に示し、週末(G7閉会前)まで言い続けてきたように、地平線上に現れている雲は、日ごとに暗くなっている」と、次のようにコメントした。

「われわれが目撃している極めて大きく、暗い雲とは、(トランプ氏による)貿易問題への取り組み、処理されるべき関係、多国間組織の運用のあり方に挑戦する試みによって引き起こされた信頼の低下である」

同氏は関連して「情勢は修復できない程度までエスカレートし続けている。金融世界に緊張が生まれつつあり、新しい資産(仮想通貨)がトップの地位まで上り詰めるだろう新たな機会が生まれた」とコメントしている。

仮想通貨の利点をIMFブログで強調、将来を楽観視

ラガルド専務理事はこれに先立って、IMFブログの中で(4月16日)、いくつかの実績を引用して仮想通貨の将来については楽観的な見解を表明している。

ラガルド氏はこれまで、仮想通貨について何度か見解を示してきたが、今回のブログはそのプラス面に絞った考察の最新のもので、極めて示唆に富んだ分析である。

「1600以上の仮想通貨が流通している中、その多くは必然的に創造的破壊のプロセスの中で淘汰されると考えられる」

「ドットコム時代に誕生した新テクノロジーの一部が、私たちの生活を一変させたように、今後生き残る仮想資産は、私たちが貯蓄し、投資し、支払いを行う方法に大きなインパクトをもたらす可能性がある。それゆえに政策当局が、偏見のない視点を保ち、リスクを最小限に抑え、効果を生み出す創造的プロセスを可能にする、公正な枠組みに向けた努力が必要である」

ラガルド専務理事は、仮想通貨がもたらしうる利益(プラス面)は、以下の3点であると指摘している。

迅速さと低コスト

仮想資産によって、迅速で低コストの金融取引が可能となり、現金の利便性の一部も提供される。海外への送金が、数日でなく数時間で行われる決済サービスも出てきている。民間発行の仮想資産が依然として危険を含み、不安定だとしても、中央銀行によるデジタル通貨発行の需要がある可能性は考えられる。分散型台帳技術(DLT)は、金融市場のより効率的な機能に資する可能性がある。さらに重要記録の安全な保管も有望している。

より良いバランス

フィンテック革命とともに、信頼できる仲介業者の必要性がなくなるとことはないだろうが、分散型アプリケーションによって、金融世界で多様化が進み、中央集中型サービスと分散型サービスの提供者とのバランスが改善され、効率良く、さまざまなリスクに耐える金融エコシステムの形成が期待される。金融システムが、仮想資産によってさしせまった危機が生じることはないと見られる。しかし、規制当局は警戒を怠ってはならない。

公正なアプローチ

仮想通貨を通じて金融活動に意義のある持続可能な変化をもたらすためには、まず消費者と関係当局の信頼とサポートを得る必要がある。国際的な規制当局コミュニティにおいて、仮想資産が果たすべき役割についてコンセンサスを形成することが、その重要な第一歩となるだろう。仮想資産には国境がないからこそ、国際協力が必要不可欠となる。

関連:仮想通貨の利益は「迅速さ、低コスト、バランス」IMFのラガルド専務理事が支援へ

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

参考
NEWSBTC
IMFブログ

 

中朝首脳が意見交換、朝鮮半島非核化など共通問題で理解=KCNA

[ソウル 20日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と中国の習近平国家主席は19日に会談し、朝鮮半島の非核化を含め共通の問題で理解に達した。朝鮮中央通信(KCNA)が20日報じた。両首脳は、米朝首脳会談について協議、非核化問題の解決に向けた見方など共通の問題で意見を交換した。
 

ハロー株式 18/06/20 朝刊

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


 今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたします。



      『 国策5Gで株価飛躍か、要注目の○○○○!』


      『 相場観測に役立つ良い兆候と悪い兆候 』



  ⇒ お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

            ◎ ハロー株式 ◎     2018/06/20 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日は大安、そしては水曜日で「スペシャル版」(有料版)の配信日です。
本日も超有望銘柄をご紹介させて頂きますのでご期待下さいませ。


 総務省は、世界に先駆けて20年に次世代通信技術「5G」を実用化する方
針を打ち出しています。大容量のデータを瞬時に送信する「5G」の実効速度
は4Gと呼ぶ今の規格より100倍速くなる見込みであり、携帯各社は20年
の東京五輪を目標に全国で5Gサービスを始める計画です。


 本日ご紹介の銘柄は、その「国策」である5G関連の有望銘柄です。「5G
」構築の本格化に伴い、業績急拡大→株価上昇、こうなる可能性があります。

 加えて、足元、相場全般一押し入れており、ここは安く仕込めるチャンス、
押し目買いの好機となり得ます。


 今年は『笑う戌年』です。「辛抱銭」でじっくり種蒔きした人は年末には高
らかに笑うことが出来る、こんな年になりそうです。

 そして、株式投資で成果を得るためには、ここ掘れワンワンという『道標』
(みちしるべ)が必要です。まだ『スペシャル版』をご利用でない方は、その
『道標』として是非ともご利用下さいませ。


 料金は極めて安いです。6ヶ月コース(26回配信)で1万6200円と1
000株で10円安く買って、10円高く売ればペイできる、お釣りが出る金
額です。


 本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信から間に合
います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



1.NY市況

2.本日の注目点と話題

3.心に残る名言







——————————————————————————————————∞
【1】NY市況                          **
——————————————————————————————————∞


□ダウ工業株      24700.21(−287.26)▼1.15%
□ナスダック       7725.58(− 21.44)▼0.28%
□S&P500      2762.59(− 11.16)▼0.40%

□ダウ輸送株      10863.30(−186.55)▼1.69%
□半導体株(SOX)   1391.58(− 16.32)▼1.16%

□NY原油先物(7月限)   65.07(− 0.78)
□NY 金先物(8月限) 1278.60(− 1.50)

□バルチック海運指数   1419   (−23)

□為替      (対ドル)110.06(前日比0.32円安)
        (対ユーロ)127.52(前日比0.45円安)

□CME日経225先物   22210(+ 30)※大阪終値比



 19日のNY株式市場は、貿易戦争突入への警戒感から売りが広がりダウは
6日連続下落となり、ナスダック指数も反落しました。

 米国が500億ドル(約5兆5千億円)規模の中国製品に対する追加関税を
発表すれば中国も即座に同規模の追加関税で応じ、さらにトランプ米大統領が
2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に10%の制裁関税を検討する
よう米通商代表部(USTR)に指示したことを受けて中国は「強力な報復措
置」をとると表明。「貿易戦争」への発展が現実味を帯び、警戒感がらアジア
株や欧州株が下げ、NY株も大幅安で取引をスタートしました。

 ダウは一時420ドル近く下げましたが、米政府高官が「中国との電話回線
は常に開通した状態にある」と述べ、市場はやや落ち着きを取り戻しました。
ダウは下げ幅を縮小したものの6日連続安で昨年末の水準を下回り、年初来パ
フォーマンスが再びマイナスに転じました。ダウの6日連続安は昨年3月下旬
の8日続落以来の長期下落です。

 S&P業種別指数は、通信や公益が高く、生活必需品やヘルスケアが堅調。
一方、工業や素材が安く、テクノロジー、金融、エネルギーなどが軟調でした。

 個別銘柄では、アナリストによる目標株価の引き上げが伝わった動画配信の
ネットフリックスが買われ上場来高値を更新。遺伝子治療の治験結果が良好だ
ったバイオ医薬品のサレプタ・セラピューティックスや再生医療先端治療の指
定を受けたバイオ医薬品カラドリウスがともに急騰し、同業のリジェネロン・
ファーマシューティカルズやギリアド・サイエンシズなども上昇しました。

 アナリストが投資判断を引き上げた通信のベライゾンが買われ、景気動向の
影響を受けにくい日用品のキンバリー・クラークや食品のクラフト・ハインツ
がしっかり。一方、対中貿易摩擦が報じられると売られるボーイングやキャタ
ピラーを中心に工業株は軒並み安。米債利回りの低下で金融株も軟調でした。
 
 ダウ構成銘柄では、ベライゾン、ジョンソン&ジョンソン、ウォルマート、
プロクター&ギャンブル、トラベラーズなどが上昇した一方、ボーイング、キ
ャタピラー、スリーエム、ダウ・デュポン、ユナイテッド・テクノロジーズな
どの下落が目立ちました。

 NY原油先物(WTI)は反落。米中が貿易戦争に突入すれば世界経済にも
悪影響を及ぼし原油需要が後退するとの見方や、中国が米国産原油に追加課税
を課す可能性が高まったとして売りが優勢となりました。NY金先物はおよそ
半年ぶりの安値圏で小動きです。





  【 アクア・スペシャル版 】
                    〓 有望銘柄の紹介で大好評!〓  



       お申し込み・詳細は → https://www.aqua-inter.com/special/



——————————————————————————————————∞
【2】本日の注目点と話題                     **
——————————————————————————————————∞



◆昨日の日経平均株価は、前日比401円安の2万2278円で取引を終了。

     日経平均の前日までの勝敗 〇〇〇〇●〇〇〇●〇●●

 個別銘柄では、ライドオンエクスプレス、Olympicグループ、明治機
械などが大きく上昇しました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照くだ
さい。

 昨晩のNY株は貿易摩擦への懸念から工業株などを中心に下落。為替は前日
夕に比べ円安方向で推移しています。

 CME日経平均先物の終値は2万2210円で、昨日の東京市場の日経平均
終値2万2278円と比べ70円ほど安い水準。本日早朝の大阪取引所の日経
平均先物(夜間取引)はCMEと同値の2万2210円で取引を終了しました。


◎日経平均株価と上下の節目
 ————————————
 2万2500円 心理的節目
 2万2491円 一目基準線
 2万2409円 一目雲上限
☆2万2278円 昨日終値
 2万2210円 CME日経平均先物
 2万2079円 窓下限(5月30日高値)
 2万2074円 75日線
 2万2000円 心理的節目
 2万1975円 200日線
 2万1931円 5月30日安値



◎本日の予定
 —————
 08:50 日銀金融政策決定会合の議事要旨(4月26〜27日開催分)
 10:00 5月の白物家電出荷額
 16:00 5月の主要コンビニ売上高
   〃   5月の訪日外国人客数


 海外では、18年1〜3月期の米経常収支、5月の米中古住宅販売件数など
の発表が予定されています。



◎新規上場
 ————
 ログリー(東マ・6579) 公開価格1860円



●その他のトピック

・6月の月例報告、「緩やかに回復」6カ月連続据置き

・サンオータス、18年4月期の営業損益が大幅上振れ

・シーイーシー、7月31日基準日に1対2の株式分割



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 21日(木) 米国6月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数

 22日(金) 5月の全国消費者物価指数(CPI)
        石油輸出国機構(OPEC)総会


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 相場の放れる日 足取りを注視せよ

 <相場高低判断> 当分の高値出づ




——————————————————————————————————∞
【3】心に残る名言                        **
——————————————————————————————————∞




         辛いという字がある。

            もう少しで、幸せになれそうな字である


                      星野 富弘(詩人)






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!  by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆6月20日 今日は何の日 六曜:大安

 ペパーミントの日、健康住宅の日、世界難民の日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

Chain Accelerator Opens Its Doors to Blockchain, Crypto Startups in France

Chain Accelerator Opens Its Doors to Blockchain, Crypto Startups in France

\Chain Accelerator has launched in France. It is the first startup acceleratordedicated to the blockchain that can call Europe its home. Among the organization’s chief operators are Hyperloop Transportation Technologies chairman Bibop G. Gresta, former SWIFT CEO Leonard Schrank, and Ledger president Pascal Gauthier.

The company will assist startups with initial coin offerings (ICOs), business development plans, marketing and public relations.

In a statement, co-founder Nicolas Cantu explained, “At a time when the President and the Government want to make Paris the capital of the ICOs, Chain Accelerator is positioning itself as a key player. By setting up a global and operational network in Paris, it brings together the best talent, extends the circle of contributors, and prepares for disruptions to help blockchain projects develop protocols in all sectors.”

France has been relatively mixed when it comes to blockchain and cryptocurrency culture. Bruno Le Maire, the Minister of the Economy and Finance, has been particularly wary of cryptocurrencies in the past, and has called on regulators to implement strict rules when it comes to governing and controlling their activities.

In May, however, Le Maire expressed a drastic change of heart in a blog post for a French startup, writing:

“A revolution is under way, of which Bitcoin was only the precursor. The blockchain will offer unprecedented opportunities for our startups. I was a neophyte a year ago, but now I’m passionate. Let us show a lot of pedagogy with our fellow citizens to make France the first place of blockchain and crypto-active innovation in Europe.”

The integration of Chain Accelerator in France could help Paris become a major hub for blockchain development. Currently, the executive board of Chain Accelerator consists of over 30 individuals who will serve as mentors to Europe’s growing list of crypto-based startups, thus increasing the company’s potential to succeed and expand.

In addition, as blockchain technology and cryptocurrency garner more acceptance throughout the continent, more startups may arise, seeking the company’s aid.

National Assembly for Paris member Pierre Person states, “In France, as everywhere in the world, blockchain projects face many uncertainties and complexities, whether financial, legal, or technical. Yet this technology will revolutionize our daily lives. As such, it is essential today to have both a legislative framework enabling its full development and structures enabling the emergence of such projects. Our country must become a leader in the blockchain. I am convinced that Chain Accelerator — the first blockchain incubator — will contribute greatly to this.”

Despite its hard work, France will face competition with countries like the U.K. and Switzerland, which have positioned themselves as some of Europe’s primary fintech and cryptocurrency centers. According to U.K. Secretary of State for International Trade Dr. Liam Fox, the country’s fintech space has already attracted over $2.4 billion in investments in 2018 alone, while Switzerland was recently home to four of the world’s largest ICOs.

Chain Accelerator will be headquartered in Paris’s Station F, a large startup campus that opened in the summer of 2017. Station F director Roxanne Varza commented, “The blockchain universe, inherently decentralized, stands out for its global and international nature. Innovation comes from everywhere, talents are rare, the need for support is exacerbated. We are pleased to welcome Chain Accelerator.”


This article originally appeared on Bitcoin Magazine.